読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本相撲協会の北の湖理事長の不思議な発言

鈴木英輔

横綱白鵬が史上3人目という偉業を成し遂げたことに関して、白鵬の引退後の「一代年寄」という「名跡」を取得する可能性は存在しない、と北の湖理事長は断言したそうです。理由は何かと思えば、相撲協会の規定に「年寄名跡」の取得資格に「日本国籍を有するもの」と書いてあるという。まぁー何という杓子定規なつまらない論理か。この論理の稚拙さは、韓国のフェリー転覆事故の際に可哀想に船員から「安全のために、そのまま動かずにいてください」といわれてその通りにして犠牲になった話と似ている。なにが目的なのかまったく考えていない。「日本の伝統文化」だとさ。その「日本の伝統文化」を盛り上げて横綱一人で頑張ってきたのは誰のお陰だとおもっているのかねぇー。白鵬だろ。モンゴール人だろ!まして現在その「日本の伝統文化」の頂点にいるものは日本人ではなく外国人なのだ。 この「国籍問題」を「外国人参政権」と混同してもらっては困る。そもそも過去に、相撲協会に著しい顕著な貢献を果たした横綱に贈られる「一代名跡」であるはずだ。その名誉あるべき地位も認められないのであれば、何故最初から外国人の弟子を採用することを許可するのか。天皇陛下ですら春と秋と年に二回、日本国に貢献をした外国人に対して勲章を授けているというのに。相撲協会のやっていることは、外国人に相撲を盛り上げてもらって助かっているのに、引退したら、外国人だから、すまないけど「年寄名跡」はあげられないよ、と卑怯な、それこそ、自ら誇る「相撲道」に反することを平気でやるのと同じだ。そんな協会の規則はさっさと改正すれば良いだろ。