読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敗北した民主党と明日のない維新の党のもがき

敗北した民主党と明日のない維新の党が合流するって?

民主党がどのような経緯を持って生まれたのか、なぜ民主党に党としての綱領が無かったのか、まったく反省がないし、もとよりそんな自覚もない。

 単に政権を自から奪うために頭数を集めただけだからだ。一人一人の議員の政治理念が何であろうと、そんなことはどうでもよかったのだ。とにかく「頭数」が揃えば良かったのだ。小沢がいつも口にしていただろ。「政治は数だ」と。それと同じことをまったく有権者から見捨てられた当の民主党とその民主党を嫌悪して別の党 [本来の「維新」の政党] に合流した者どもが「政権」という権力の誘惑につられて、再度、頭数を集めるために造られた「民主党」というどうでもいい同じ穴に入るムジナになろうとしている。そんな政党を、いかに新しい名前を出しても、だれが信用するか。
 政治家を廃業するほうが国益になると思うよ。